結納時の装いとマナーと費用

結納時の装い

最近では、男女とも手持ちの衣服の中からフォーマルな服を着用するケースが多くなってきています。女性でしたら、明るい色調のワンピースやスーツ、男性は、紺やグレーなどの落ち着いた色調のスーツが一般的です。男女とも、あまり派手な色・柄のものは避ける方が無難でしょう。
新しく購入する場合は、結婚後の改まった席にも着ていける服をかしこく選びたいですね。
購入するまでもないという方には、結婚式場やレンタルショップで貸りると言う方法もあります。

あらかじめ、両家の服装のバランスを打ち合わせておきますが、両親・仲人は本人達より格下、両家は同格の装いという形にするのが大前提で、基本的なマナーです。
父親や仲人は、通常ダークスーツ、仲人婦人と母親達は、和装なら訪問着か付下げ、色無地の紋付き、洋装なら上品なスーツなどを選んでおけば無難でしょう。

結納の服装にかかる費用

装いの準備の仕方 金額の目安 分担
購入 (女性)ワンピース、スーツ 3~10万円 各自の負担
(男性)スーツ、ブラックスーツ 3~10万円
レンタル (女性)振り袖一式 5~10万円
訪問着、付下げ一式 3~5万円
(男性)ブラックスーツ 3~5万円
着付けヘアメイク 着付け 3,000円~5,000円
ヘアメイク 5,000円~1万円

装いのバランス(例)

本人 仲人 仲人婦人・母親
本人(女性)が和装 (女性)
フォーマルなワンピース・スーツ
(男性)
ダークスーツ
ブラックスーツ
ダークスーツ
(洋装)上品ななスーツ、トレッシーなワンピースかスーツ
(和装)付下げ、訪問着、無地の紋付
本人(女性)が洋装 フォーマルに (女性)
フォーマルなワンピース・スーツ
(男性)
ダークスーツ
ダークスーツ (洋装)フォーマルなワンピース・スーツ
(和装)付下げ、訪問着
ややカジュアルに (女性)
少し改まったワンピース・スーツ
(男性)
ダークスーツ
ダークスーツ (洋装)少し改まったワンピース・スーツ