結納金と結納返し

結納金の由来

スポンサードリンク

結納金は本来は女性側の支度金として贈られていたものです。目録の名称「御帯料」は、かつての嫁入り支度だった、着物、帯などを象徴した表現の名残なのです。
結納金の相場も、月給をもらう男性が大多数になったところから、月収を基準に考えられるようになったのです。その目的は、結婚するにあたり、女性の準備を助けるという意味合いのものです。
結納返しは、一般的には結納金を用意してもらった事へのお返しで、男性に結婚記念品を贈ったり、それに見合う額の現金を渡したりしています。

結納金の相場金額

男性側は「帯料(おびりょう)」として結納金を渡すことになりますが、結納金の相場金額は、月収の2~3倍です。月収には関係なく、50万円とか100万円とか、キリのいい金額を結納金の額とする地域もあります。
また、結婚指輪をつける場合は、結納金のひとつに「結美輪」などと表記します。もちろん結納金とは別に指輪を購入する場合もあります。

結納返し

結納返しは、地域により考え方が様々で、なしから半返しなどいろいろです。
結納返しをした人では、その内容も現金と品物に別れ、現金の場合、10万円~30万円台が一番多いようです。品物だと現金より10万円程度安上がりで済むようです。
10万円前後の腕時計、礼装、スーツなどを贈るケースが一般的です。
結納も結納返しも、地域による慣習による差がかなりあり、金額や形式が両家の間でなかなかまとまらない場合もあります。
こんな場合は、古い習慣に振り回されるのではなく、これから結婚する二人の生活を中心に考えて、結納金や結納返しの形を考えるようにしたらよいでしょう。

結納にかけた費用

男性(夫) 平均98.2万円(納めた人のみの平均金額)
納めなかった 28.4% 150万円 3.7%
50万円未満 1.7% ~200万円未満 0.0%
50万円 13.2% 200万円 4.5%
~100万円未満 5.3% 200万円以上 0.6%
100万円 38.5% 無回答 2.5%
~150万円未満 1.7%
女性(妻) 平均26.4万円(納めた人のみの平均金額)
納めなかった 61.89% 30万円 2.0%
10万円未満 2.5% ~50万円未満 0.0%
10万円 15.2% 50万円 2.2%
~20万円未満 2.0% 50万円以上 4.2%
20万円 5.1% 無回答 4.8%
~30万円未満 0.3%
※三和銀行調べ「挙式前後の出納簿」

結納金・結納返しの目安

費用項目 金額の目安 備考
結納金 50万円~100万円 月収の2~3倍
結納返し 現金 10万円~30万円
品物 10万円~15万円
地域によって、1割半返し、
ナシなどといろいろ。
※地域によりバラツキがあるので十分に注意いましょう。

スポンサードリンク

Filed under: 結納,結納金 — admin 10:34 AM