結納品の種類と費用

結納品の種類

スポンサードリンク

結納品は、各地域によって異なることをまず念頭に置いておいてください。
関東式では、7品目が一般的です。実際には7品目でも、目録には9品目を挙げると言うことも行われています。
関西式は9品目が多く、さらに、福岡では、結納品にお茶や雌雄一対の鯛を入れたり、あるいは、結納品の品目を男女同数にしない地域なども見受けられます。
このように、地域によって結納の方式はネコの目ほどの違いがあるので、双方の十分な確認と打ち合わせが必要でしょう。

目録、受書の書き方

結納品セットには品目を印刷した目録と受書が付属しています。
空欄の一行目に、男性側は「御帯料 壹封」、女性側は「御袴料 壹封」と書き、受書なら男性は「袴料」、女性は「帯料」と記入します。
最後の空欄には、結納の日付、双方の氏名を筆で書きます。デパートで購入すれば、墨字で記入してくれます。

結納品の名称の意味

長熨斗(ながのし) 鮑をのしたもので、長生不死の象徴
目録(もくろく) 男性は結納品の目録。女性は同じ内容の受書になる
金包(きんぽう) 中に、結納金や結納返しのお金を入れる
寿留女(するめ) 保存食が豊かであることの象徴
子生婦(こんぶ) 昆布のこと。子孫繁栄の祈りを込める
友白髪(ともしらが) 夫婦が共に白髪になるまで長寿であることの象徴
家内喜多留(やなぎだる) 柳でつくられた祝いの酒樽を意味する
勝男節(かつおぶし) 鰹節のこと。酒の肴の意味や男性の力強さの象徴
寿栄広(すえひろ) 白地の扇子。末広がりの繁栄の祈りを込める

結納品の種類と金額の目安

結納品の種類 金額の目安 分担
関東式  5品目
7品目
9品目
1万円以内
1万円~2万円
2万円~4万円
いずれも両家が
自己負担
関西式  9品目
11品目
3万円~10万円
7万円~20万円
市販の目録・受書 500円~1,000円

※上記の金額は一般的な目安です。

スポンサードリンク

Filed under: 結納 — admin 1:50 PM