祝ってくれた人へのお礼

披露宴に招待しなかった人へのお返し

スポンサードリンク

お返しは品物にするのが一般的です。先方からいただいた金額、あるいは品物の半額程度でよいとされています。ハネムーンのおみやげにそれくらいの金額のものを用意してもよいでしょう。いずれにしても、挙式後一ヶ月以内に発送を済ませるようにしましょう。
ただし、年下の人からお祝いをいただいた場合は、できればお祝いと同額か倍額のお返しをしたいものです。

お祝いの品と重ならないように注意

お返しをする時に気を付けたいのは、お祝いでいただいた品と同じ物にならないようにするということです。
お祝いをいただいた時に、きちんと名前と品物をメモしておくようにしましょう。
品物選びですが、相手の好みがわからない場合は、実用品が無難です。
あと、品物に石鹸を選びたい方もいらっしゃると思いますが、「すべてを洗い流す」という意味合いから、結婚祝いのお返しとしては不向きです。

お返しの金額の目安

相手 金額の目安 負担
披露宴に招待しなかった人 2,500円~5,000円程度
(お祝い金の半額程度)
二人で負担、またはお祝いをもらった側が負担
披露宴に出席する予定で
ありながら欠席した人
3,000円~5,000円程度
(披露宴の引き出物でよい)
目下の人 5,000円~20,000円程度
(お祝い金と同額または倍額)

スポンサードリンク

Filed under: お返し — admin 1:31 AM