遠方出席者への心遣いと費用

交通費・宿泊費の手配

スポンサードリンク

遠方の親戚や友人を招待する場合は、招待した側が交通費宿泊費を負担するのがマナーです。
出席の返事を得たら、新幹線などのチケットを郵送し、宿泊場所が必要ならその手配もします。ただし、先方が遠慮した場合は、その意向にそって良いでしょう。
予算的に費用を負担できない時は、招待状にその旨を「大変恐縮ですが、都合により交通費、宿泊費は負担できません。よろしくご了承くださいませ。」と書き添え、相手の事情に合わせて出欠を判断してもらいます。

どうしても出席してもらいたい相手にもかかわらず、予算の都合で交通費などを負担できない場合は、お祝い金を返上して旅費に変えてもらう方法もあります。
例として、「大変申し訳ないのですが、交通費、宿泊費をご用意することができません。でも、○○様に、是非新しい出発をご覧いただきたいというのが私どもの願いです。勝手なお願いですが、もし、祝い金などご配慮いただいているようであれば、それを交通費に充てていただき、何とかご出席願えませんでしょうか?」などと、正直に気持ちを伝えて見るのも一つの方法です。

送迎バスの手配

式場までの交通の便が悪かったり、式場と披露宴会場が離れている場合は、送迎バスをチャーターします。もし式場で借りることができないようであれば、レンタカーを手配しましょう。

遠方からの招待客にかかる金額の目安と分担

内訳 金額の目安 分担
交通費 実費 招待客が双方の知人の場合は両家で折半、片方だけの知人ならば招待する側が負担
宿泊費 実費
送迎バスのチャーター料
1日)
2~10万円 両家で折半

スポンサードリンク

Filed under: 披露宴,挙式 — admin 4:41 PM