衣装の選び方と費用

衣装選び

スポンサードリンク

挙式3ヶ月前には、当日にドレスにするか打ち掛けにするか、またオーダーか貸衣装にするか等を決めます。オーダーにする時は、特に時間がかかるので早めに注文しましょう。貸衣装なら2ヶ月前頃までに衣装を選び、アクセサリーなども一緒に予約します。
新婦が和装の場合のカツラ合わせは、1ヶ月前に行います。式場美容室との打ち合わせも、この時期に行います。

貸衣装の選び方

貸衣装選びの時は、母親や姉妹、新郎に同行してもらいましょう。第三者のアドバイスも参考になります。特に母親など経験者の助言はありがたいものです。
貸衣装といってもそれなりの費用はかかります。予算をオーバーしないためには、予算より少し下の価格の衣装から試着していき、気に入ったものが見つかるまでは何度でも試着してみます。
新郎は、新婦との衣装のバランスを考えて選びます。貸衣装ですので、各種のサイズかデザインがありますが、早く予約したものから埋まってしまいますので、気に入ったものを見つけるためにも早めの予約が肝心です。

式場の貸衣装に気に入ったものがなかった場合、衣装持ち込みをしたいこともあると思います。一般的には、持ち込み料を請求されると考えて下さい。式場によっては不要な場合もあります。
持ち込み料は式場によって異なります。保管料の名目で、持ち込み1着につき1万円~5万円、持ち込んだ衣装の着付け料として別料金を設定している式場もあります。
また、持ち込みによって、着付係やヘア担当の人の態度が冷たかったという例があるのも事実です。衣装を持ち込む場合は、これらメリット、デメリットを良く吟味して決めたいものです。

婚礼衣装にかかる費用の目安

衣装の種類 レンタルの場合 購入する場合 分担
和装 新郎 3万円~10万円 50万円~200万円 新郎新婦がそれぞれに負担するのが普通だが、まとめて新婦側が払う場合もあります。
新婦 10万円~100万円 150万円~400万円
洋装 新郎 3万円~10万円 10万円~70万円
新婦 10万円~50万円 50万円~100万円
お色直し 新郎 3万円~10万円 30万円~100万円
新婦 10万円~100万円 50万円~200万円
  ※上記の費用は大体の目安です。

スポンサードリンク

Filed under: 衣装選び — admin 1:54 PM