引き出物と料理を選ぶ

引き出物の選び方

スポンサードリンク

引き出物は、結婚式場に実物見本やカタログがあり、その中から選ぶのが原則です。
選ぶ際には、引き出物をもらった人が持ちかえる時のことを考えて、重くてかさばるものは避け、いくつあっても困らない物を選ぶようにします。
仲人夫妻への引き出物の場合は、それぞれに個別のものを出したり、同じものでも色違いのものを用意するなどしますが、仲人夫婦以外は一世帯に一つの引き出物が基本的な考え方です。しかし、地方によっては倍額のものにしたり、仲人同様に色違いのものを個別に用意して渡すなどという場合もあります。
どのようにするかを決め、引き出物を受け取る側が混乱しないように、式場の係の人と事前に十分な打ち合わせをしておくことも必要でしょう。

料理の種類と選び方

披露宴会場にホテルを選ぶ人が多いこともあって、主流は洋食コースとなっています。
招待客に年配の人が多い場合は和食が好まれ、式場によっては洋食の豪華さと和食の食べやすさを兼ね備えた和洋折衷の料理を用意しているところもあるようです。
中華は円卓を囲んでの食事になるので、話が弾みやすいのが特徴と言えますが、年配の出席者には蒸し物や煮物を混ぜるなどの配慮も必要でしょう。

披露宴の料理にかかる費用の目安

料理の種類 金額の目安(一人当たり) 分担
洋食 6,000円~3万5,000円 新郎新婦のそれぞれが自分側の招待客の人数に応じて頭割り
和食 6,000円~3万5,000円
和洋折衷 5,000円~2万円
中華 1万円~3万円
立食 5,000円~2万円
※上記の費用は大体の目安です。

披露宴会場選びと準備引き出物の費用の目安

料理の種類 金額の目安(一人当たり) 分担
引き出物 3,000円~5,000円 新郎新婦のそれぞれが自分側の招待客の人数に応じて頭割り
引き菓子 500円~2,000円
紙袋 300円~500円
※上記の費用は大体の目安です。

スポンサードリンク

Filed under: 引き出物 — admin 8:14 PM