媒酌人選びと費用

媒酌人選び

スポンサードリンク

媒酌人は挙式当日の介添え役であり、結婚式の印象を大きく左右しかねない大事な役です。友人中心なのか、仕事関係でまとめるのかなど、招待客の構成や式のイメージをよく考えて人選しましょう。
一般的な尺度で考えると、現在も幸せな家庭生活を営み、社会的にも人格的にも尊敬できるご夫婦にお願いするのが一番です。
式までの相談や、その後のおつきあいも考えると、自分たちと相性の良い人で、場慣れした、落ち着いた雰囲気のある方にお願いしたいものです。

仲人、媒酌人への謝礼

仲人といっても、挙式だけの頼まれ仲人(媒酌人)から、結納から挙式まで、あるいはその後も永くおつきあいしたい人とでは、謝礼金額もおのずと違ってきます。両家の親との関係で仲人、媒酌人を依頼した場合は、自分たちの判断ではなく両家の親に任せた方が無難でしょう。

媒酌人を依頼する時のコツ

間柄 コツ
恩師 ご無沙汰しているなら、まずは手紙で結婚予定の通知と依頼をしておきます。それと同時に、正式に依頼に行きたい旨を伝えておきます。手紙が届いたところを見計らって、電話で改めて了承の確認と訪問の日程を聞きます。訪問は二人で行くこと。
職場の上司 男性側の上司にお願いするのが一般的。会社でそれとなく結婚の意思を伝え、媒酌人を依頼したい意向も伝えるのがスマートでしょう。その後、二人で正式に自宅を訪問して依頼します。
親の知人 二人が直接面識のない場合が多いでしょう。親から事前に話を入れておいてもらいます。承諾をいただけたら、親と一緒に正式に依頼に伺います。
学生時代や
仕事先の先輩
気心が知れている先輩後輩関係なら、のみに誘ってお願いするとか、電話でなど、堅苦しく考える必要はないでしょう。ただし、どんなに気安い関係であっても二人揃ってきちんと自宅まで出向き、正式に依頼することも忘れずに。

媒酌人にかかる費用の目安

内訳 金額の目安 分担
依頼時の手みやげ 3,000円~5,000円 折半
挙式当日のみの仲人
(媒酌人への謝礼)
10万円~20万円 男性側 10万円~20万円
女性側 0~10万円
結納から披露宴までの仲人への謝礼 15万円~30万円 男性側 15万円~30万円
女性側 0~15万円
新婚旅行の手みやげ 3,000円~5,000円 折半

スポンサードリンク

Filed under: 仲人 — admin 10:15 AM