挙式までの準備と費用

段取りは早めに

スポンサードリンク

挙式までの半年や1年は、あっというまに過ぎてしまうものです。人気の高い結婚式場などは、1年以上も前から予約で埋まっていることも珍しくありません。
挙式、披露宴までの間には、

  • 会場の予約
  • 当日の演出内容
  • 衣装選び
  • 予算の検討

など、やらなければならないことは山ほどあります。これらを段取りよく片づけていかなければなりません。もっとも、結婚式場の担当者がていねいに説明や助言をしてくれるでしょうけれども、あくまで主役は結婚をする当事者であることを忘れずに。
特に、手作りの式を行いたい場合は、タイムテーブルを作成し、確実に一つひとつ実行していきましょう。

常に予算を念頭に

何をするにも費用がかかります。特に、披露宴のような多人数の場合ですと、単品の価格は低くても、人数分を揃えるとなると費用はすぐに膨れあがってしまいます。挙式・披露宴だけでなく、仲人への謝礼、新婚旅行の経費、新生活の予算といった様々な費用かかるものです。無駄のない計画をい立てるためにも、今後の全体予算と個々の予算枠に限度を設けて、常に予算内に収まるのかチェックしながら計画を立てましょう。

挙式・披露宴までのタイムテーブル

1年~6ヶ月前
  • 結婚式のイメージを決め、式場の下見をしておく。
  • 日取りや仲人を立てるかどうかを検討する。
  • ブライダルフェアに出かける。結婚式・披露宴のイメージをつかむ。
  • 招待客の人数を決め、式場に見積もりを依頼する。
  • 式場決定。予約を入れ予約金を支払う。
3ヶ月前
  • 招待客を決め、リストを作成する。
  • 招待状の案内文を決め、印刷を依頼する。
  • 衣装や小物の検討に入る。
  • 二次会会場を下見、できれば予約までしておく。
2ヶ月前
  • 招待状の表書き、発送。
  • 料理、衣装、当日の演出、引き出物などを検討する。
  • 司会や受付、スピーチなどを依頼する。
  • エステやヘアケアを始める。
2週間前
  • 式場側と、料理や演出内容、写真、ビデオなどの細かい打ち合わせを行う。
  • 引き出物を決める。
  • 招待状のチェックと返信のない人に確認する。
  • 席次表を作成し、印刷の依頼をする。
  • 遠方からの招待客の交通機関のチケットを手配する。
  • 移動用車両の手配、予約をする。
  • 式場に再度見積もりを出してもらい、予算と内容の最終チェックを行う。
1週間前
  • 式場や司会者、受付係などと、当日の最終確認。
  • 席次表の印刷物の校正(チェック)
  • 心付け用祝儀袋やきれいなお札を準備しておく。
  • 引き出物の数を決定し、依頼する。
前日
  • 仲人や司会者、受付係などに挨拶の電話を入れる。
  • 式場への持ち込みの品が到着しているかを確認する。
  • 当日の持ち物チェック
当日
  • 両親に挨拶する。
  • 花嫁は挙式の3時間前、花婿は1時間前に式場に出向く。
  • 関係者に心付けを渡す

挙式までの費用の目安

費用項目 金額の目安 分担
当日の料理の味見 1万円~1.5万円 両家で折半
もしくは各自負担
式場の予約金 3万円~10万円
※式場にもよりますが、見積額の10%前後
両家で折半
エステサロン利用料 5万円~10万円 利用者負担

式場のキャンセル料の目安

時間 金額の目安 分担
挙式3ヶ月前まで 3万円~20万円
※予約金相当額
両家合意の上のキャンセルなら両家で費用折半、どちらかに非がある場合は、そちらが全額負担
挙式2週間前まで 30万円~125万円
※総額の30~50%
挙式前日・当日 100万円~250万円
※見積もりの全額

スポンサードリンク

Filed under: 挙式 — admin 1:38 PM